株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

株式投資レクチャー8月11日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2020年8月11【源太の講義】「今日の見方」の要約版をお届けします。

<寄り付き前>

日経平均の位置取り、急落急騰が感覚を崩している

  1. 日本株は7月31日に危険水域まで下がる流れで、200日移動平均線を抜けて、どうにか切り返してきた
  2. 今度は一目均衡表の雲を抜けて、基準線も抜けていった。その動きに翻弄されるように、為替など関係なく日本株だけが置かれたままになった感じである
  3. 今は以前から話す「確認の時間」で、確かにコロナ感染者が非常に増えたが、米国もブラジルも感染者に関係なく株価は上がっていて、日本が少しナーバスのような気がする
  4. 経験則からこうした混とんとした時に、企業が通期増額修正して来た企業は、通期通じて方向性が変わらないことが多いから、目先的な投げが終わったら、仕込んでおくと大きく化けることがある
  5. 一時的にはJR東やJALが上がる好業績と逆パターンになるが、リバウンド物が買い難いと感じたら好業績を見るなど地合いに合わせていきましょう

位置取り【源太の講義】寄り付き前

株式投資Weeklyレクチャー8月10日