株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

株式投資レクチャー7月10日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2020年7月10【源太の講義】「今日の見方」の要約版をお届けします。

<寄り付き前>

日本の個人投資家が何に向かって進もうとしているのか

  1. NY株が下がる事よりも、昨日の個別株の物色はあまりにもお粗末であった
  2. 世界的株安の動きはETFの配当捻出や年金のポジション調整や利回り確保があり、ある程度が我慢できる部分であるが、日本の個人投資家が何に向かって進もうとしているのか疑問に感じる→その背景には企業を信じないというのもあるし、支持率の下がる安倍政権の今後の舵取りも影響して来るでしょう
  3. ここで単純にへたれると、この市場は危ないだろう。軽量株がいつものように「決算に弱い」という流れとなり、夏相場は需給や儲かるために相場が動くので、指数よりも「個別叩きへ」となりやすい
  4. 仕手系もここで踏ん張れば面白い流れが見える。ここ数日、大口投資家はなりを潜めているが、元の株価位置に下がった材料株も多い
  5. それでも我々は成長株や好業績を丹念に買う事であり、将来に対してと、今企業が何をするかだけに考えを集中させる

情けない【源太の講義】寄り付き前

今日の見方(7月10日)

 

昨日の市場解説【源太のYouTube番組】👉こちら