株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

株式投資レクチャー7月8日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2020年7月8【源太の講義】「今日の見方」の要約版をお届けします。

<寄り付き前>

本当にやりにくい市場は、逆張りか、仕手株しか無理でしょう

  1. 「ここから買う」という行為は相当に難しいので、逆張りか、仕手株しか無理でしょう

  2. NYは「いやな予感」として皆にはあったと思う。買っていた外資が簡単に利食いするような地合いは決め手に欠けていたのと、ここで上がるとこの先やり難いという部分が出て来る
  3. 世界的には買い方が有利。ただ、買えば上がるが買えばバブルだから、どこかで、その付けは回って来るだろう
  4. 自分は明日が【ポイントの日】だから今日が逆張りと行きたいが、歯切れが悪いのはどうしても環境が整ってこない→今日は個別株、とりわけマザーズがどこまで頑張れるかがポイントになる。その動き方による判断と、大口投資家がいかに動き出すかを見る
  5. 先行した方が負けるので、10時から10時半の動き見て考える

 

ここから買う【源太の講義】寄り付き前 

今日の見方(7月8日)