株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

株式投資レクチャー6月4日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2020年6月4【源太の講義】「今日の見方」の要約版をお届けします。

<寄り付き前>

昨日でワンクール、3月からの運用は停止

  1. 昨日、Wインバースを買って市場の様子を見ていた→最小単位を買って「強弱感を知ろう」と言ったが、ザラバから結果的に値段は上がっても、非常に買いがよく入って、上値が重たい感じであった
  2. Wインバースは一回投げて、再度タイミングを考える→よく話す「犠牲玉」で体感を養う時に行う
  3. 今日は【ポイントの日】、夜中のNYがポイントと言いながら自分で決めつけた投資をしてしまったことは反省である
  4. ただ、ここから大きく買うことはなく、個々で狙う事はあっても、何度もポイントの日に向かって、下げに備えたり感覚を養うために先物を売ったりしながら整えていく
  5. 昨日で自分は3月からの運用は停止した。そうした一定時間で運用を考える、または、一回手仕舞いして、再度考えるというやり方が大事で、ここは市場が強いという中で、下げに備える姿勢は変わらない

反省【源太の講義】寄り付き前 

今日の見方(6月4日)

 

昨日の市場解説【源太のYouTube番組】👉こちら

f:id:le-monde-horse:20200604082256p:plain