株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

株式投資レクチャー11月7日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年11月7【源太の講義】と「今日の見方」をまとめました。

<寄付き前>

ここは本当に難しく、買ってきた流れがムードによる物が多い

  1. 市場に活気がなく、後場になると動きがなくなり、ダラダラ下がるケースが多い
  2. 特に昨日は高値警戒感があり、指数の売買もあまり無かった感じである
  3. 基本的には先では高いと見た人が多い中、アクシデントを警戒する、SQ後の下落を意識しているようである
  4. 難しい市場は無理にすることもないし、少し枠を広げて不徳の事態に備えるのがポイントであろう
  5. 今日の逆張りが通用しないようだと、撤退も視野に入る

活気が無い【源太の講義】寄り付き前 

今日の見方(11月7日)

 

大引け後>

市場は強気弱気が入り乱れた感じで、跛行色が非常に強い

  1. 行き過ぎが始まっている雰囲気があり、悪くはないが、この地合は本当にやりにくい
  2. 根本的には今は「この先上がるかどうか」確認の時期である
  3. ここから上がる気のする「下がっていた株」と、上がっていたから調整しそうな個別株→そういう中でのジレンマが見える
  4. 「もう良い!」として売ったら速くなるという嫌らしい市場だから、精神的にやられやすく、気を使う商いが多い
  5. 空売りが減って来ていて、見切り発車が多かったから、上に上がると思っているという事である→ここからは決算など見てからの市場であり、偏った見方は良くない

偏りすぎ【源太の講義】お昼

行こか、戻ろか・・・。【源太の講義】大引け後

 

genta-calendar.site