株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

株式投資Weeklyレクチャー10月13日

源太先生が今週の市場をどのように見ているのか?

「今週の見方」をまとめました。

<2019年10月14~10月18日>

◯米国株◯

  1. 昨年の10月~12月に急落したが、今年は45日前ルールが過ぎれば、通常の年のような動きになると思う
  2. 2000年から一昨年までのS&P500種指数の月別平均騰落率は、9月から10月上旬にかけて決算前の解約売りで下落しやすく、10月中旬から売りが一巡し、クリスマス商戦が盛り上がる12月にかけて上昇しやすい傾向がある
  3. 昨年は換金売りで12月まで下落したが、今年は運用成績が比較的良好といわれ、売りは早めに一巡するとみられるので、12月にかけて上昇しやすいという考え方が自然である

 

日本株

  1. 今回の下落は中国・米国貿易問題のナーバスな時間帯に、マスコミによって不安視され、それが配当落ち後処分と重なった雰囲気である
  2. 日本人の投資家の弱気な気分がマザーズなどの換金を誘い、何故売っているか自分で気づかない状況になってしまった
  3. この先の攻め方は、最初は景気敏感株、その次は好業績、その次が出遅れとなる

結論:投げられた好業績物を買う姿勢に変化はない

 

今週の見方(10月13日)

株式投資:今週の参考銘柄(10月13日)