株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

株式投資レクチャー6月19日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年6月19日【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

昨日は需給的に不利であった

  1. 月の20日に売るべきものがFOMCや難しい投資環境から前倒ししそうな状況であった
  2. 昨日はそれがもろに出てきて、その甘さから個人投資家が個別株を嫌って保守的に動いたとういう事である
  3. この場面での問題は、上がるのが一番危険と思われる業績悪化懸念の景気敏感株であり、内需などのディフェンシブな株式は買い要因が多い分、多数が掴んでいて上がってこない事である
  4. 6月の特徴をわかっていないと、昨日の流れは個人投資家には弱く見えただろう
  5. ここは四季報で好決算が予想されている株式が無難であるが、自分は捻って投げが切れた仕手系株から入る予定である

景気敏感株【源太の講義】寄付き前 

今日の見方(6月19日)

 

大引け後>

明日は木曜日、ここ最近の木曜日は成績が良くない

  1. 明日は木曜日なので、弱気な意見も多かったが、ここは売れないのが自分の性分でもある
  2. それは、ここで弱気をすると上がった時に身動きが取れなくなる
  3. ただし、必要がない値段では買わない。今の個別は(株価の)位置が低く、普通に持っていたらいつかはどうにかなる物が多い
  4. 基本は上がったら買わなければよく、下がるならば(投資カレンダーの)日程通りの売買をすれば良いと思っている
  5. この市場は上げは事実が必要で、下は想像となっているから、この場面では逆張りをするのが自分のやり方である

持たざる怖さ【源太の講義】お昼

明日は木曜日【源太の講義】大引け後