株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

株式投資レクチャー6月18日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年6月18日【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

一部の銘柄に集中しやすいから、自分が出遅れたように感じる市場

  1. 実際は薄商いで、市場はFOMCや米中問題から腹を据えて買える状況ではない
  2. それでも、「何か欲しい」という希望が蔓延していて、引っかかるために動くような事になりやすい
  3. 今は動くがその先が判らない市場であり、その動きに合わせて短期的な回転が求められる
  4. 中には大化け銘柄がクローズアップされているが、それは事情通について行くか?!という事である
  5. この市場は中途半端で、何かの進展がいる状況である

本日は終日外出【源太の講義】寄付き前 

今日の見方(6月18日)

 

大引け後>

日程から明日か明後日が大きな展開になりそうである

  1. 市場は非常に難しい段階であり、それは「判らない」とういう事である
  2. 判らないのだから売らなくても良いのではと考える米国人と、判らないから売ってしまおうという日本人の差が今日のマザーズに出てきた
  3. こういう時ほど、時間を捨てた投資が適していると思う→早く動く株式を探そうとする投資は傷が深くなる

読みにくい【源太の講義】大引け後