株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

株式投資レクチャー6月17日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年6月17日【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

今日は見極めであり、無理をしようとは思わない

  1. 指数が触り難いから個別株に向かうのが普通の市場である
  2. しかし、この市場は厄介で為替がFOMCの動きで読み難い状況である
  3. 普通はここでの利下げはないが、果たして市場がどう反応するか
  4. 本当は下がったままの個別株が大きく動いてくると面白く期待はある
  5. ここは個別株で何か化ける物をと考えがちであるが、買うならば先週の押した時に「地味に買う」べきであった

見極め【源太の講義】寄付き前

 <大引け後>

下がる材料や買われる材料がすっきりしない市場である

  1. 今回は個人投資家が相当傷んでいるから、修復するのに時間が掛かるだろう
  2. この市場はFOMCでもG20でもなく、疲れと楽しさがなく盛り上がらないのだと思う
  3. 今の地合いは上がったら売りが出る感じである。『守り相場』になっている

玉関係【源太の講義】お昼

「箸がちゃんと持てないとお嫁にいけませんよ」【源太の講義】大引け後