株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

Kabuレクチャー3月18日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年3月18【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

期末の権利日は来週であるから、自分は地味に権利取りをしに行く

  1. 我々はSQ日を基準に組み立てて動いたという事で、後は20日に考えるか、22日に動くの感じである
  2. 今日辺りは上がる株式に人気が集まって、駄目な物はイライラして投げてしまいたくなる日だろう
  3. 日本人は上がったら逃げようとしている人ばかりで、「自分だけ」となっていくのが日本の今の投資である
  4. 米国が不景気を覗かせると普通は下がるが、投機筋が確認無しに踏み込んで行ったから、需給的な買い要因が出ている
  5. 日本の貿易赤字の動きや運用上の米国債券買いが円高を妨げる

堅く地味に【源太の講義】寄付き前

 

大引け後>

あと1ヶ月で10連休、ここは時間を掛けながらゆっくり溜め込む

  1. 今日の前場は逃げの売りが多かったが、そこを保った分、買い方が有利になった
  2. 今回、指数の戻りは良くないが、こういう地合いだから仕方ないと思う
  3. その分、一気にではないが指数よりも個別銘柄が幅広く上がっている
  4. 時間が掛かっても材料性のある株式は良い流れになって来ている
  5. ただし、その時間は我々には分からないから、調整時にあたふたしないように、ゆっくり溜め込む方が良いだろう

 

堅く地味に【源太の講義】寄付き前 

ここからゆっくり【源太の講義】大引け後