株式投資『源太会スクール』 for 初心者

投資インストラクター”大岩川源太”が初心者から「本物の投資家」を育てるために今日の株式市場の見方や投資戦略をお伝えします。

Kabuレクチャー3月15日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年3月15【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

個別株の良し悪しが非常に大事になる

  1. 米国市場は強いという印象であるが、基本的には非常に難しい展開である
  2. 根本的にこの市場は短期売買、ゆっくり指数が上がっていくという感じだと思う
  3. こういう時は、個別株の良し悪しが非常に大事になり、一方で投資に対しての考え方で「期末の権利取り」など
  4. 権利取りの話題が盛り上がっていないが、実はちゃんと買われ始めているから、下がる高配当株は注意しましょう
  5. 総体的な値上がりは期待できないかもしれないが、この市場は一応リズム通りに来ている

我慢【源太の講義】寄付き前 

今日の見方(3/15寄り付き前)

 

大引け後>

来週は一番動きにくいが精神的に脆い週である

  1. 基本的にこの市場は不景気のボトムか、入り口なのかという考え方である
  2. 変わっていく要素があるので、この要因がはっきりするまで恐る恐るの売り買いであろう
  3. それは、先行き見通しや将来における必要性のある株式しか動かないという事である
  4. 落ち着いて、自分の材料株を探すような感じが良いと思う
  5. 来週は一番動きにくいが精神的に脆いから、ここさえ乗り切ったらという週だろう

強ければ強いでまた不安【源太の講義】お昼 

来週乗り切れたら【源太の講義】大引け後