株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

Kabuレクチャー12月21日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2018年12月21【源太の講義】をまとめました。

寄付き前>

 昨日の昼間の下落、昨晩のNYの動きはやり過ぎ感がある

  1. FOMCの解釈や米国の機関閉鎖などのアクシデントがここに来て始まろうとしている
  2. ただ、企業業績や世界景気は改善されきている見識はアナリストやエコノミストも同様の見解である
  3. 非常に判断が難しいのは、今日買いなのか休みなのかである
  4. 信用取引の方は、想定できる範囲の建て玉でなければ一回手仕舞いして、身の回りの確保から始める
  5. 今日は三連休前の週末。月替わりで自己も動けない。売り浴びせが来たら、後場が厄介になるだろう

クリスマスプレゼント【源太の講義】寄付き前

今日の見方(12/21寄り付き前)

 

大引け後>

 恐怖感が残っているから身動きができなという感じ

  1. 流石に今日は追証や投げが出たので、株価の位置やファンダメンタルズから底入れのチャンス
  2. 下がる理由を株と為替で都合いいように解釈している
  3. 今週のような確認なしの売り方は、過剰な動きだと見ている
  4. そういう動き方は、修正があって当たり前であり、その後に良し悪しを考えたい
  5. 来週は動きが変わる可能性があると思う

きわどい動き【源太の講義】お昼

サンタぐらいしか期待できない【源太の講義】大引け後