源太会スクール for 初心者

投資インストラクター”大岩川源太”が初心者から「骨太の投資家」を育てるために今日の株式市場の見方や投資戦略をお伝えします。

Kabuレクチャー11月2日

米国だいとう源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2018年11月2【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

 日本市場の頼りなさは、一過性のデイトレや成長性を重視しないところ

  1. 企業が好決算をだしても、その日の出来事でその先の企業の成長性を信じない
  2. 一方、株が上がると「何かがほしいと」なる
  3. 下で買うのであって、今は手持ちが回転できるかを見ておく市場である
  4. 総額で保有株を見て、日経平均がいくらまで戻るかを考えて売っていく
  5. 上がる条件、下がる条件を列記して、初めから決めないということ

総額論【源太の講義】寄付き前

今日の見方(11/2寄り付き前) 

 

11月スクール新規会員、お急ぎ下さい!

ここからは源太がもっとも得意とする11月

大岩川源太の源太会 | 株式投資

 

大引け後>

 重い米中貿易問題、「会話していた」ということが大事

  1. 米国大統領、米中の貿易合意の草案作成を指示
  2. これで飲むような案になるかどうかなんでしょう
  3. 外資系が買い戻すなら、米中貿易問題がうまく行ってくれないとならない
  4. 空売りの方が苦しくなってきたのが見える
  5. 貿易問題が片付いてやっと材料株という流れなのか⁉︎

ここで止まられたら困るんです【源太の講義】お昼

米国大統領、米中の貿易合意の草案作成を指示【源太の講義】大引け後