株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

Kabuレクチャー10月29日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2018年10月29【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

 外資先物を大きく張り込んできつく商い

  1. 週末の手口から「トレンドフォロー追随型」の商いであった
  2. クレディ・スイスはすでに持ち玉を売り切った
  3. ここから悲観して売り込むには、本当に経済が悪いという確信がないと無理だと思う
  4. 今回の底入れ感の無さは、出来高が増えないボリューム感が無いからである
  5. 底入れ感が無いので、持ち株が下がっていくと、ブラックマンデーのような記憶と重なっていく

先物【源太の講義】寄付き前

11月スクール会員の募集が始まりました!

源太がもっとも得意とする11月、源太会でお待ちしています。

大岩川源太の源太会 | 株式投資

大引け後>

 根本的には先物商いであるが、手持ちの個別株を手放している

  1. 米国市場をはじめ回転が効かないから突破口が作れない
  2. 気付いたら指数に関係ない個別株がぼろぼろになっていった
  3. 短期的な物が企業の資質より下の株価でも売られ、それを止めるすべがない状況
  4. 「刷り込まれた弱気」が蔓延してきて、本当に全体がおかしくなることもある
  5. こうした地合いは過ぎ去るのを見ていないと、日程的にも今週はややこしい

ガラ系【源太の講義】お昼 

しんどいですよ【源太の講義】大引き後