株式投資『源太会スクール』 for 初心者

投資インストラクター”大岩川源太”が初心者から「本物の投資家」を育てるために今日の株式市場の見方や投資戦略をお伝えします。

Kabuレクチャー10月24日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2018年10月24【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

 「トレンド追随型」商いで、売り仕掛けに近いものであった

  1. 昨日は計算上切れているはずの売りが出てきた事から市場は動揺した
  2. 明らかに違和感がある売りで、先物の手口から「トレンド追随型」であった
  3. 何かあった時に、日本人は手を引っ込めるから、昨日も良いよう外資にやられてしまった
  4. 外資はNYが始まった時の下落で、きっちり、予定通り買い戻したでしょう
  5. 日柄はピッタリだし、今日はバラつきはあるが、買われる株は多いだろう

また、やられた。【源太の講義】寄付き前

今日の見方(10/24寄り付き前) 

 

11月スクール会員の募集が始まりました!

源太がもっとも得意とする11月、源太会でお待ちしています。

大岩川源太の源太会 | 株式投資

 

大引け後>

 下げもここまで来たら割り切ってきた

  1. 見ていて上がると何か買いたくなっていく感じがある
  2. 自分の生徒には絶対にやらさないが、そうした感じは大事である
  3. この場面は焦りが出ないと上がらないので、そう思わせたら空売りの返しから上がっていくだろう
  4. 上げ下げでバタバタして疲れ、「どうにかなるさ。」という中で色々始まるようである
  5. 簡単には上がらないし、V字ではない確認しながらの反発という流れになるのは仕方ないことである

すんなり行かないなぁ【源太の講義】お昼

どうにかなるさ。【源太の講義】大引け後