株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

Kabuレクチャー10月1日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2018年10月1【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

 自分は強気でも弱気でもない。「どっちなんだ?」と言われる

  1. 9月に買う話しはすでにして、この場面で特にすることはない
  2. 今日は半分利食いするとかで良いと思う
  3. テクニカルシステムの数字は跳ね上がっているので、指数は落ち着く時間が必要
  4. 外資が今のような短期売買を先物でするのではなく、現物の買い注文が来ないと駄目である
  5. 上がって売ったという資金は、確認できるまで保持である
  6. 他の銘柄を触っていこうと思う

電車が遅れています。【源太の講義】寄付き前

 

皆様の地域、台風24号の被害は大丈夫でしょうか。

~今朝の源太より~

井の頭線の復旧が2時間以上かかるようなので迂回しながら会社に向かいます。

ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いします。

 

大引け後の講義>

いこうか、もどろか・・・。バブル崩壊後最高値なんですがね。

  1. 我々は市場に対しての基礎を「需給の考え方」というものから組み立て、それに伴う運用者行動や考え方を読みながらやっている
  2. それで、軽量株で足元の良い株式を拾ってきた
  3. ここの来て、それらの株式も上がり始め、窮屈になってきている
  4. つまり、軽量株は個人が持っているので、「用心の売り」が来る
  5. この場面は迷ってしまうが、自分は地道にコツコツという元々のスタイルに戻る

 いこか、もどろか・・・。【源太の講義】大引け後

 難しいぞ【源太の講義】お昼