源太会スクール for 初心者

投資インストラクター”大岩川源太”が初心者から「骨太の投資家」を育てるために今日の株式市場の見方や投資戦略をお伝えします。

Kabuレクチャー9月26日

2018年9月26源太がどのように株式市場を見ているのか?をまとめました。

【寄り付き前】

 今日は講釈とは違う「事実」が気になる

  1. 上がっても買いの種類を見たいし、下がっても売りの出方を見ないとならない
  2. トランプ問題で何があっても下がった夏に対して、何があっても上がる今は違う
  3. あの時、売りだと騒いだ人達が今は「影響がない」と言い、流す方のモラルがどうかと感じる
  4. この市場の鬱陶しいのは、企業や市場の売買に関して信頼感がない
  5. 今日も個別株であるが、リバランス的な買いが入るだけに、強弱をよく見ないと10月になって痛い目にあったりする

 

ザラ場の源太はここにいます!

『源太会スクール』メインブログ

 

大引け後】

 配当還流相場

  1. 権利落ち分を配当金を無しにして買いに来た
  2. こうした買いが入るならば、参加者は権利落ち後の怖さがなくなったりする
  3. この市場は完全な需給相場である
  4. トランプ問題が片付いたら、日経平均は通常のレシオまで買われるだろう
  5. 中間選挙はどう動くか分からないので、特に10月後半は難しいと思う