源太会スクール for 初心者

投資インストラクター”大岩川源太”が初心者から「骨太の投資家」を育てるために今日の株式市場の見方や投資戦略をお伝えします。

Kabuレクチャー9月21日

2018年9月21源太がどのように株式市場を見ているのか?をまとめました。

【寄り付き前】

 「ここまで強いか!」とういう心の中には、「なんで?」という疑問符がある

  1. 日本企業の収益率アップにGDPで示された消費力の回復から、この強さは理解できる
  2. 個別株の気力のなさは、指数と個別株の比較感で日本人の気の弱さを思う
  3. 大事なことは、高い技術や今後の産業構造上必要な物は追うべきである
  4. 金融系の運用者は、間違えなく個別系のテーマ株から進んでくる
  5. 彼らは指数は勝算が出るまで見送っていくパターンである
  6. 今日も指数と個別株は別の動きになるだろう

 

ザラ場の源太はここにいます!

源太会スクールのメインブログ

 

大引け後】

 日経平均、一時23971円まで来ました

  1. 引けは下がったが、売っていた人にとっては非常に買い戻しにくかったと思う
  2. 後場からアナリストが「貿易問題は微妙になりそう、円安に向かいそう」と連続で言っていた
  3. 三連休前でこれから本格外交が始まる時に、そういう事を各社が流すのは良いとは感じない
  4. 押したら買いというタイミングなんでしょうが、ここは「先で伸びる可能性がある下がっている株」という発想で考えている
  5. 週明け25日はポイントの日である