源太会スクール for 初心者

投資インストラクター”大岩川源太”が初心者から「骨太の投資家」を育てるために今日の株式市場の見方や投資戦略をお伝えします。

Kabuレクチャー9月12日

2018年9月12日源太がどのように株式市場を見ているのか?をまとめました。

【寄り付き前】

 SQが過ぎたら純投資になる

  1. 「今が一番のタイミング」と待ちながら反発してきた市場は、リスクパリティーが寄与している
  2. 時間的日柄がもう少しであったが、相場はそういうものだと思う
  3. ただ、普通に考えたら買えないし、売られる意味も分からないから手を出すのが難しい
  4. 今までと同じであれば、指数は今日止まって、材料株へ流れる
  5. 来週からはTOPIX型というのがセオリーで、個別株は20日過ぎからと日程的には見ている
  6. 明日の木曜日の結果を見て動くか、その前に何かやるかは投資家によって違うだろう

源太、今日の13:30からはこの番組に出ます。

  パンローリングチャンネル

 

今日はお昼の講義をまとめておきます。

【お昼の講義】

 SQ2日前に逆張りが成立するかどうか

  1. 運用者の立場としては、月内に売らないとならない
  2. 「月の20日」という基準を考えると、来週明け直ぐに売ることになるだろう
  3. 明日のトルコ中央銀行金利動向も気になる
  4. だから、この場面は大人しくしておきたい
  5. 今日はだいぶ売りが溜まりやすくなっている
  6. ただし、中味が良いものも多いので、下手に弱気になると良くない