株式投資『源太会スクール』 for 初心者

投資インストラクター”大岩川源太”が初心者から「本物の投資家」を育てるために今日の株式市場の見方や投資戦略をお伝えします。

Kabuレクチャー8月31日

2018年8月31日源太がどのように株式市場を見ているのか?をまとめました。

【寄り付き前】

 この市場で大事なことは「ポジションのバランスいかに上手く取るか」

  1. 米国のこの下げは読み筋の方が多く、さほど影響はないでしょう
  2. しかし、警戒や週末の処分を考えると、少し重くなってしまう
  3. ここでの押しは、少し気が緩んだ買いが入ると、非常に複雑になる
  4. ポジションは軽くして、気をつけて動こうと思う
  5. 常に「資金総額」で自分がどの位置にいるのか見て、銘柄の取捨選択していく

 

本日は【大引け後の講義】がお休みでしたの、【お昼の講義】をまとめました。

  不完全燃焼の中のにらみ合い

  1. 基本的に難しい動きで、悩みながら動くというスタイル
  2. 下がれば買いを入れるので、投げが十分でない
  3. そして、週末で上値は買わない
  4. 不完全燃焼のにらみ合いの中、仕手性が高い株式が狙われやすい
  5. 動きかけた低位株が大きく動いてほしい(ポジショントークでもある)