株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

Kabuレクチャー8月27日

2018年8月27日源太がどのように株式市場を見ているのか?をまとめました。

【寄り付き前】

  大事なのは、ここから3ヶ月の予想

  1. 日本株は日米株価の差からやや強含み
  2. シカゴ投機筋のポジションは円高であるが、米国の好調さと金利差の動きから為替は安定している
  3. ただ、日経平均が22600円まで戻った位置で、23000円の議論が少ない
  4. 大事なのは、ここから3ヶ月の予想で「何で買えないのか、何で買えるのか」をはっきりさせましょう
  5. その時に、米国の長期金利差が気になってくる

 

ザラ場の源太はここにいます!

『源太会スクール』メインブログ

大引け後】

  日経平均22800円台になっても、目標値を論じる人が少ない

  1. ここまで上がっても、まだ目先の目標値を言う人がいません
  2. 個別株は指数に比べて、戻りが鈍い
  3. 下げ過ぎを修復した程度の上げで、個人投資家に覇気がない
  4. まだまだ上値が期待できる個別株は多いだろうが
  5. 標数字の議論が出てこないとなると、この相場はまだ行けるのかという気にもなるが、一巡的な流れができると思う