源太会スクール for 初心者

投資インストラクター”大岩川源太”が初心者から「骨太の投資家」を育てるために今日の株式市場の見方や投資戦略をお伝えします。

Kabuレクチャー8月9日

2018年8月9日、源太がどのように株式市場を見ているのか?をまとめました。

【寄り付き前】

 今日は「早くも利食い」と逃げの気持ちから動いてくるだろう

  1. 日本人はネガティブだから、朝は利食いが出やすいだろう
  2. そこまで厳しい下落を買いに行った訳ではないので、売りを粘ったり、押したら買おうかと思います。
  3. 安すぎる位置まで来て買った良い株。反発を小掬いで取るやり方はしない。
  4. そこで指数を無視できるタイプを拾っておくと面白く、今日はそういう流れで市場を見ていく
  5. 大きな上げはないが下げも難しい指数だけに、お盆明けは帰参者は個別株で触ってくるだろう

ポイント!!

 「成長株、高い技術」というのが毎年秋からのテーマ。安くなった株が多い。

 

ザラ場の源太はここにいます!

源太会スクール』メインブログ

 

大引け後】

 明日は人が居ないから、特に後場は非常に難しくなるだろう

  1. 下がる上がるではなく、明日は売っても買っても朝型であり、朝の逆張り的な発想で見ていくと面白い。
  2. 買った時は中期投資の気持ちが、目先投資になってしまう。
  3. 軽量級の投げが早目にでるのであれば、逆にそれが狙えるが、日本人はモチベーションが低すぎる。
  4. 明日は休んでも良いような感じです。