源太会スクール for 初心者

投資インストラクター”大岩川源太”が初心者から「骨太の投資家」を育てるために今日の株式市場の見方や投資戦略をお伝えします。

Kabuレクチャー8月6日

2018年8月6日、源太がどのように株式市場を見ているのか?をまとめました。

【寄り付き前】

  企業決算の据え置いた数字が上値を重くする

  1. 日経新聞の日曜版、記事がイマイチ乗り気でないように感じるのは自分だけですかね?
  2. 通期増額している企業が少ない。
  3. 上がる要因があるのに上がらないという動きは、「良いのに据え置いた」ような記事から市場全体に現れる。

 

 ザラ場の源太はここにいます!

源太会スクールメインブログ

 

大引け後】

  参加者が不足している。休みは今週末から来週半ばまでがピーク

  1. 買う人は、「自分が休む前に買わない」という思考が働く。売る方は、今日か明日がピークになる。
  2. 新興株はいつもの夏の動きをイメージ。
  3. お盆明け以降、指数は下げにくい好業績株へとなる。
  4. 今は仕手材料株ですが、活発化している材料株よりもここは溜め込みに徹する。