株式投資家をサポートする『源太会スクール』

株式投資インストラクター”大岩川源太”の相場の見方や投資戦略をまとめたブログです。市場がオープンする日は寄付き前に記事をアップします。

株式投資レクチャー12月11日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年12月11【源太の講義】と「今週の見方」をまとめました。

<寄付き前>

もう一段上を買う条件を考える

  1. 米中問題の規制延期と継続では、”上”には上がれない
  2. 会期延期という状況も鬱陶しく、苛立ちが出る気がする
  3. この先を考えた時、今、キャッシュを高くするのは、ここから上値を買う要因が難しいからでる
  4. 銘柄に期待感はあっても、普通の株が少なっくなっている
  5. 良いという銘柄でも、自分一人の力では上がらないのが株式市場である

苛立ち【源太の講義】寄り付き前

今日の見方(12月11日)

 

大引け後>

朝から「今日はダメだ」と一目で分かる状況であった

  1. 今日は策がなく、突発的な何かが上がらないと難しい感じであった
  2. だから、参加者はここから登場してきたIPOへ向かっていた
  3. 今回、自分はキャッシュポジションを上げてきて、今日は投げを待つような買い方をしている→こういう状況の時に、需給面で売らざる得ない株式を押さえる

23兆円税収下振れ【源太の講義】お昼

気力【源太の講義】大引け後

 

株式投資レクチャー12月10日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年12月10【源太の講義】と「今週の見方」をまとめました。

<寄付き前>

気にしていた「ノイズ」から来る日経平均の頭を押さえる動きである

  1. ロールオーバーは上で行いたくないようで、SQ値は上げてくるのかと思っている
  2. この市場は金融相場であるから上がり過ぎは良くなく、将来について確認しながら二進一退になる
  3. 今の状況、根本的には運用者が気になる時期に止まるというシンプルな仕組みである
  4. この停滞は仕方がなく、来週初めの動きから方向が固まってくるだろう
  5. 本質的に個別株は関係ないが、経済指標が難しいから弱気や目先が多く、突然の動きは理由の付けようがない→だから、自分は動かない割安株を狙う感じになる

 

ロールオーバー【源太の講義】寄り付き前 

今日の見方(12月10日)

 

株式投資レクチャー12月9日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年12月9【源太の講義】と「今週の見方」をまとめました。

<寄付き前>

今週はキャッシュ高めの上げに備えるという難しい構え方

  1. 週末のNY市場は雇用統計が想定以上に増えて急伸したが、買い戻しも多かったでしょう
  2. この市場は「ノイズ」が多く、ロールオーバー高くしたいのかと思ってしまう→時として起こるSQ以降からの突然急騰が始まるパターン
  3. 今週はオプションや先物を駆使しながらである。「下値は堅い」という資金温存しながらの組み立てになる

資金温存型【12月9日】寄り付き前

株式投資Weeklyレクチャー12月8日 

 

大引け後>

今日の市場の動きは参考にならない

  1. 今朝もあっさりと売り物。果敢に買い向かった個別株も後場から失速した
  2. 基本的な考え方は変わっていないと思うが、模様眺め的になってしまい、一部の材料株を除いては見送った形になった
  3. 今晩のNYの動きも気になり、明日の朝は新しい材料があっるかもしれない
  4. 売られた株式で、気になる売り方が無かった物を中心に考える
  5. こうした時はポジションを整えながら、貯め込み型の市場を想定している

着々とロールオーバー【源太の講義】お昼

参考にならない【源太の講義】大引け後

株式投資Weeklyレクチャー12月8日

源太先生が今週の市場をどのように見ているのか?

「今週の見方」をまとめました。

<2019年12月9~12月13日>

◯先週の日経平均は、強気転換が多い事から基準線より下の水準では空売りの買い戻しが入ったと見ている

 

◯週初のNY高があっても、その後の日本株の展開は読み難いと考えておくべきである→外資次第なので、個別観が強くなるだろう

◯15日の決定前では米中問題のニュースは「ノイズ」と考えておいた方が良いでしょう

◯ノイズは協議が難航していることを伺わせるが、今年5月と8月のように直前まで順調と報じられて突如破断の方がよっぽど怖い

◯両国とも自国の景気には配慮していくだろう→仮に破談になっても協議は継続する事から株価は短期的に反発すると考える

◯今回の米国株高はイールドスプレッドから来る「金融相場」であり、これを覆すのは常識のないまでの米中決裂や景気を左右するような国際問題が起こる事である

 

今週の見方(12月8日)

株式投資:今週の参考銘柄(12月8日)

株式投資レクチャー12月6日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年12月6【源太の講義】と「今日の見方」をまとめました。

<寄付き前>

叩くような動きが個別株に現れると厄介になる

  1. 昨日は突発的な換金が良い調子であった株式の足を引っ張ってきた様相→個人投資家が他の株式は上がっても悲観的に見てしまう怖さ
  2. 今日は週末で雇用統計が芳しくないと判断されるだけに保持が難しく、逆に叩くような動きが個別株に現れると厄介な状態になる
  3. 今年の市場の特徴は過去の「(ここは)もう底」という感覚からもう一段下がることが多く、それは全体ではなく個別で行われる。だから、反発に長い時間が掛かった記憶が残ってしまう
  4. IPOが多く出てきていてので資金的に難しい。年末という独特の心理状態から投げを急ぐ傾向にある→自分の手持ちだけは優先して売りたいとなる
  5. ここは淡々と買っていくが、勝負自身は指数であるから仕掛けは遅くなる感覚である

過去の記憶【源太の講義】寄り付き前

今日の見方(12月6日) 

 

大引け後>

週末の動きも結局はNY次第である

  1. 今日は戻ったので良いとして、この上げで上値が買いにくくなった
  2. 来週は慎重に回るのと雇用統計からの米国の動きも考えないとならない
  3. SQもあるので落ち着かなくなる可能性も高く、割安の投げを買うだけだと思う

昨日は何?【源太の講義】お昼

なんだかなぁ【源太の講義】大引け後

 

株式投資レクチャー12月5日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年12月5【源太の講義】と「今日の見方」をまとめました。

<寄付き前>

下がると何でもネガティブに取って流されるニュース

  1. 米中問題について流されるニュースで「撤廃」となっていたが、期待として後から付け加えた考えにくい話であったと思う
  2. 下がるとネガティブに取ってきて、それを拡大させる文章が目立つ
  3. 今の市場での割安株は「技術力」がオンされ、バリューのような材料株相場である→今、皆は実力があるのに注目されていなかった株式へ向かっている
  4. 今日は週末の雇用統計が気になるはずだから、伸び悩む日本株と個別株の止まらない強さの駆け引きになるだろう
  5. 今日は今までの銘柄の延長線で良い日であるが、実は『対角』を貯め込むには非常に面白い日になるでしょう

ニュースの表現【源太の講義】寄り付き前 

今日の見方(12月5日)

株式投資レクチャー12月4日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年12月4【源太の講義】と「今日の見方」をまとめました。

<寄付き前>

「昨日動いた株式が今日頑張れるか」という事になる

  1. 大事な事は「このノイズが何を意味するのか?」である
  2. 仮に関税を発動しても、基本的には次の段階の関税が無い限り悪化はしないから最低「現状維持」で、その状況から経済を見ておく事である
  3. 内需型相場という見方」を持てば何もないと思う。しかし、市場や外資がどう動くのかが読めないので、皆が関係ない株式まで影響を受ける
  4. 「既に決算を出して好調な企業が下がっているならば買う」というスタイルである
  5. トランプさんはノイズであって、週末と来週は市場の雰囲気が変わってくると思う→こう下がっても弱気は少ない。押しは少しきついかもしれないと思いながら挑みましょう

今日、頑張れるか【源太の講義】寄り付き前

今日の見方(12月4日)

 

大引け後>

過熱していたから休むという事で、日本は内需政策分強い

  1. 上がって来たら「まだ割安」という株式が、下がり始めたら「過熱していた」という売る理由になる事が多々ある
  2. そして、下がった時に落胆色が強く、上がった時の理由以上に市場が「織り込んだ」にいつの間にかすり替えられている
  3. こういうのは納得がいかず、本当にその事だけで上がっていたのならば、もっと大きく下がると自分は思う
  4. 根本的に下がる何かがあるとしたら、自分達の判らない事で、これが発展していくたぐいだと見ている
  5. 今はそういう流れは見えないから、過熱していたから休むという事で、日本株内需政策分強いでしょう

後場の活気【源太の講義】お昼

材料【源太の講義】大引け後 

 

満席となりました。ありがとうございます。

peraichi.com

株式投資レクチャー12月3日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年12月3【源太の講義】と「今日の見方」をまとめました。

<寄付き前>

この市場は弱さを強調する動きが一番致命傷である

  1. 今の日本株のモチベーションでは、NY市場の下落は今日の日本株には辛い
  2. この下落でモチベーションが失われると厄介である
  3. 全体論が崩れそうな時は個別株であるが、今日は下げそうな株式が狙い目だと思う→今晩のNYはクリスマス商戦で有利である
  4. ここは売り方も正念場であるが、日本の個人投資は指数や相場の行方ではなく、我先に投げようとする
  5. 週末の雇用統計で上下はっきりするでしょう

一工夫【源太の講義】寄り付き前

今日の見方(12月3日)

 

大引け後>

こういう指数が難しい時は、個別株が来てくれると良い

  1. 今日は切り返して一先ず安心であるが、大事な事はこれが明日につながってくれるかどうかである
  2. 今日は緊張感が切れたら下に落ちるような短命な材料ではない株式が狙われていたから、持続力が大事である
  3. 3日【ポイントの日】を越えてきたから、20日ぐらいまで個別株で引っ張ってほしい
  4. 指数は休養十分になっている。今晩辺りのNYはクリスマス商戦の分、買い方が有利である
  5. 本日出された新経済対策25兆円、経済対策予算13兆円規模は大きいと思う

頭が働かない源太【源太の講義】お昼

個別の切り返し【源太の講義】大引け後

 

株式投資レクチャー12月2日

 

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年12月2【源太の講義】と「今日の見方」をまとめました。

<寄付き前>

ノイズや売り方の事情から来る弱気論

  1. 本質的な需給などの話が消えてしまっている
  2. 北からミサイルが飛ぶ中、日韓問題など身近に多いが国内政治の駆け引きから官僚に任せるしかない状況である
  3. 今週の株式市場は普通に構えたらプラス的な物になる。先週とは違うが、強い銘柄が出てくるだろう

ノイズ【源太の協議】寄り付き前

株式投資Weeklyレクチャー12月1日

 

大引け後>

今日も多くの株式が行って来い。今週は「指数ありきの週」である

  1. 今日も材料によって勝手に過剰に買い上げて、勝手に失望するような動き
  2. 今週は「指数ありきの週」なのに、個人投資家が指数だけ高いと言いながら、時間軸を忘れて買い進むからおかしくなる
  3. 日柄を待って、過去に材料を出した株式が良く、1月上がればと思いながら触る感じである
  4. 自分は個別株の仕込みの話はしたので、今ではないと思うことと、指数の動きをよく見ておくべきである
  5. 今を見る投資は結局うまく行かず、「下がった株を丁寧に買う」で十分でしょう

「企業大研究会」緊急開催!【源太の講義】お昼 

材料がネタになってる。【源太の講義】大引け後

 

peraichi.com

株式投資Weeklyレクチャー12月1日

源太先生が今週の市場をどのように見ているのか?

「今週の見方」をまとめました。

<2019年12月2~12月6日>

色々ノイズはあるが、「12月の日経平均は高い」という経験則

  1. 経験的に12月は配当金再投資の買いに加えて、クリスマス商戦に向けて米国株が上昇しやすいので、バブル相場崩壊が始まった1990年以降でも、12月の日経平均の上昇率は高い
  2. 昨年12月は運用成績が悪化したヘッジファンドの閉鎖が相次ぎ換金売りで急落したが、今年はそうした動きもなく、経験則通りに上昇することが期待されると思う
  3. 先週から日本企業の9月期中間配当金の支払いが始まり、今週の12月2日をピークに来週まで続く。規模は4兆円を超えるため、配当金の再投資の買いが相場の支援要因となる
  4. 安倍首相と政治の動きを注視しておきたい。経験的に首相は衆院選に向けて景気に配慮するため株価は上昇しやすい。そうなると、来年の押し目は狙い目になるだろう
  5. 今後上がるとするならば、先取りし過ぎて決算が売り要因になるから、来年の2月か4月が難しい市場になると考えられる
  6. 今は下がり難いとするならば、需給しかないので、為替が円安に傾くための米ISM製造業指数(12月2日)や雇用統計(12月6日)の手助けが要る
  7. 最終的には小型株であるが、今週は指数に神経を集中しなければならない

今週の見方(12月1日)

株式投資:今週の参考銘柄(12月1日)