源太会スクール for 初心者

投資インストラクター”大岩川源太”が初心者から「骨太の投資家」を育てるために今日の株式市場の見方や投資戦略をお伝えします。

Kabuレクチャー2月22日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年2月22【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

結果的に上がると言っても安心できない感がある

  1. この市場は鈍いから早く鋭く上がってほしいのに、じわじわくるので気持ち悪い
  2. そのじわじわは途中で機械的な下落をするから怖い
  3. そうした中の強さは、個別では売っておきたいという心理になる
  4. 問題はその売られる物が企業業績に関係なく雰囲気で売っている
  5. 意外に好業績でも売られるので、週末の今日の投げは狙いたい

調整の仕方【源太の講義】寄付き前 

今日の見方(2/22寄り付き前)

 

大引け後>

今週は神経質な場面が多くて、「じり安」が多かったというか・・・。

  1. 指数も個別株も短時間で一定水準まで急騰して、モタモタするケースが多かった
  2. アンジェスは最後にストップ高しましたが、その場面で大きな買い方が目立ち、「金融相場到来」という雰囲気が久しぶりにした
  3. こういう買い方が始まって来ると、個人投資家も「一回は乗ってみよう」なんて気分が来週は起こるかもしれない
  4. 今日の後場から上がった物を再度チェックして、目新しい物があれば調べてみよう
  5. 市場全体が頼りなかった分、買い戻しのタイミングがなく、空売りも多かったと思う

閑散に売りはないが、買いもない市場【源太の講義】お昼

一週間、疲れっぱなし。【源太の講義】大引け後

Kabuレクチャー2月21日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年2月21【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

昨日の前場で一つの売り買いの流れは終わっている

  1. 市場は強くなっているように見えるが、皆さんの手持ち株は一進一退という感じで、安心感がないはずである
  2. 持っていない人や早くから売った人にはそうは見えず、上がっているように見える状況である
  3. 今日は上がるだろうが、殆どはそれを利食いする動きである
  4. それでも強くなるならば、後場から下がった材料株や、新しい見識からくる銘柄に集中するんでしょう
  5. (買い戻しで)戻るとは言えても、上がると言えない市場である

新しい見識【源太の講義】寄付き前

今日の見方(2/21寄り付き前)

 

大引け後>

材料株が動いたが、それでも絞られた株式しか無理であった

  1. 明日分の投げを今日出している株式を狙っていた
  2. 指数を含めてなかなかしぶとかったが、失速する好業績株や、昨日強かった品薄株などは下がって行った
  3. NY高値警戒感と実際の景気悪化から、激しく持ち越す人は少なかったと思う
  4. そういう需給面でしか見れないのがこの市場で、外資次第になってしまうのは仕方ないのかもしれない
  5. この市場は金融相場になってほしく、金利頭打ちから米国資金が変わってきてほしい

偏りやすい【源太の講義】お昼

外資次第【源太の講義】大引け後

Kabuレクチャー2月20日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年2月20【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

強いのは事実なので、今日明日は何か買いたいと思ってしまうが・・・。

  1. 根本的には中々買い進めないから、皆は「上限」あると見ている
  2. だから、「どこかで止まる」と思いながらの強気は、上値は限定的だろう
  3. 月の20日は投資対象が変わりやすく、下手をすると明日あたりは調整が入りやすい
  4. 儲けたい気持ちは判るが、明日の後場か、来週の月替りを見てからの方が無難だと思う
  5. 下げに向かってゆっくり買い向かうのが自分の感性であり、トータルで今は儲かっている状況

買い方【源太の講義】寄付き前 

今日の見方(2/20寄り付き前)

 

大引け後>

イマイチ何をすべきかわからなかった

  1. 材料に非常に弱い地合いで、慌てて買いに行くから引っかかりやすいような市場であった
  2. 下がった株は自分と同じような発想の人が多かったんでしょう
  3. その人達は明日の後場からの「週末意識」や「全体が変わりやすい」という地合いから、ここは慎重になっていたと思う
  4. 何をすべきかわからないというか、やってきたから「何を売るのか」という発想が強いのかもしれない
  5. ここは指数は休んで、材料株が動くほうが自然だし、是正する流れがみやすい

なんか違う【源太の講義】お昼

イマイチわからん。【源太の講義】大引け後 

Kabuレクチャー2月19日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年2月19【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

市場は過去の「伸び」という相場に慣れてしまい、ちぐはぐな雰囲気

  1. この市場は12月頭や半ばの値段まで戻ってきた
  2. 今日は市場の強さを自覚して、自重しながら見ていく
  3. 今は損金を出そうか、粘ろうか迷う時で、好決算物はなるべく売らず、決算が悪い物や仕手的に動く物を処分する
  4. 株式投資には一定の計画が必要で、頭の「整理」という作業がヒントになる
  5. 指数が上がって来たこの場面は、何かないかと持ち株を増やさず、何を売っておくかである

感覚の変化【源太の講義】寄付き前

今日の見方(2/19寄り付き前)

 

大引け後>

少しテーマ性が出てきて、今日は雰囲気が変わった物が多かった

  1. 「持ち」というスタンスが少し始まっている
  2. 今日は一部の銘柄が抜け出し、単純なリバウンドから逸脱してきた
  3. 月の20日に向かっての買い戻しかとも思うが、いずれにしても変わった物が多かった
  4. そうは思っても、自分は堅く好業績出遅れや来期は良くなりそうな売られ過ぎを見ている
  5. 全体が上がる時は出遅れ見直しがあり、上がらない時は放置されていた物が次に注目される

二時から外出【源太の講義】お昼

少しテーマ性が出て来た。【源太の講義】大引け後

 

Kabuレクチャー2月18日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年2月18 【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

個人投資家のモチベーションが上がってくれるかどうか

  1. 現在、投資家は状況は換金を急いでいるが、企業業績は思ったほど悪くなかったと感じている
  2. 経済サイクルの問題で、景気はこれから悪くなるんでしょうが、株式は上がる「小さな金融相場」がありそうである
  3. ここ一年ぐらい下がっている株式・業種がおもしくなっていくだろう
  4. 3月末から4月は来期見通しが出始めるので、その時期のことを想定してここからの物色を考える
  5. 業績の変化しやすい物、この時期に材料出尽くしで下がる好業績など

業績の変化しやすい物【源太の講義】寄付き前 

 

大引け後>

 上がると信じていない、今だけの付き合いが多い

  1. 日経平均は上がったんだから悪くはないが、日本人の力では無理なのかと思わすような動き
  2. この市場で非常に厄介なのは、個別株は「行くなら行け!」という時に止まってしまう
  3. 特に今日は今まで売られっぱなしの株式が反発したり、評価し直しの物も大分あった
  4. ただ、目先の売り買いになってしまっているのが気になる
  5. 金融相場だと考えているので、材料株系を見ている

オモテとウラ【源太の講義】お昼

悪くはないよ、でも・・・。【源太の講義】大引け後

WeeklyKabuレクチャー2月17日

源太先生が今週の市場をどのように見ているのか?「今週の見方」をまとめました。

<2019年2月18日~2月22日>

会社側による2019年3月期通期の営業利益計画は下方修正が優勢な状況

  1. 3月本決算企業の2018年4-12月期の決算集計は、全般的に昨年秋以降の失速が見て取れる内容となった
  2. 石油・石炭や非鉄金属などの減益が目立ち、食料や不動産といった内需関連業種でも減益
  3. 増益セクターは、その他製品、情報・通信業など
  4. 株価は「業績悪化は織り込み済み」との反応も一部で見られるが、上値を追うには先行き不透明感が払拭されることが必要だと思う
  5. 在庫データなどを見ると、今の数字が良い株式よりも悪目一巡「割安技術株」の長期投資の時期に入ったのかもしれない
  6. 今週は外国人が買い戻しに入り始めるかがポイントである

今週の見方【源太の講義】2月17日

株式投資:今週の参考銘柄(2月17日)

Kabuレクチャー2月15日

源太先生がどのように株式市場を見ているのか?

2019年2月15 【源太の講義】をまとめました。

<寄付き前>

 今日は先物などをよく見ておくべきである

  1. 今日は先物など、不可解な主力の売りが出るかどうかよく見ておきましょう
  2. 今日の動きが月末の動きに続く可能性がある
  3. 確実に換金が見えているのに、個別株は覇気がなく動きが悪い
  4. 相当な好業績物が売られてしまう流れは、個人投資家のモチベーションが悪く、投資対象の選別に躊躇してしまう
  5. 今日は週末なので、どこかで予想外の強さがより必要で、しっかりした市場がほしいところである

押し方【源太の講義】寄付き前 

今日の見方(2/15寄り付き前)

 

大引け後>

 今日の相場は根本的には「様子見」であった

  1. 今日の前場後場警戒と諦めから投げて、後場は目先的な投資はできても、基本は切ることはなかったとういう印象である
  2. 常識的な市場では今日は45日ルールの応答日であり、投信解約の売りがあったりした『売りの出やすいタイプのポイントの日』
  3. 換金の売りがなかなか切れなから、この市場は面倒である
  4. 好決算が売りなっていると、何が尺度なのかわからなくなる
  5. ただ、3月や4月は好決算が有利で、そういう物を狙いながらやっていく